「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

独学で簿記試験を突破するためには、簿記講座で行うことをすべて自分流に置き換えて行うことです。
そこで、独学で簿記試験を突破するための勉強法を説明します。
まず、目標とする試験日に合わせて計画的を立てます。
簿記3級であれば、最低3か月のスケジュールを組みます。
購入する教材は参考書1冊と問題集1冊と過去問題集1冊とします。参考書はこれと決めた1冊を徹底的に学習します。
まず、参考書を2回程度読んで用語、項目などを理解します。これを1か月程度かけて行います。
次に、1か月程度かけて問題演習を行います。
その際に、間違いがあった箇所を間違いノートとして記録します。
繰り返し問題集を行い、また間違いノートを都度読み返します。最後の2週間程度は、本番さながらに過去問題集を徹底して解きます。

簿記試験の合格率は3級で40%前後となっていて、会計の基礎的な資格であるのに半数以下の合格率になっている理由は、どこにあるのでしょうか。
簿記試験は教室やWeb講座を利用して学習し受験する場合と独学で受験する場合があります。
お金を払って学習する場合には、講座のサポートを受け合格レベルまで持っていける場合が多くありますが、独学の場合は、すべて自己責任となりますので、受験者の簿記試験に対する意識が重要となってきます。
独学でなかなか合格できない理由としては、本人の努力不足、丸暗記をして試験を乗り切ろうという意識、電卓の習得技術が不十分であることが考えられます。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/boki/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

一から勉強して簿記3級を合格するには、70時間程度の学習が必要と言われています。
1日2時間で1か月程度かかる計算です。
しかしながら、長期間にわたるとモチベーションが低下するので、独学の場合は短期間学習がおすすめです。一から始めるにあたって、簿記の解説は飛ばして、簿記用語の理解から始めます。
教材は、図やイラストを使って視覚で覚えることができるテキストを選びますが、テキストを丸暗記しても試験の役には立ちませんので、概要を把握するようにします。
簿記3級は、問題を解いて復習する学習方法が最も効率的です。1回目はわからなくても2回3回と繰り返していくとだんだんと理解できてきます。
問題集は、解法を読んでから問題を解くようにすると理解しやすくなります。
仕上げは過去問題集を試験時間内で解く方法を繰り返します。
試験本番ではできる問題や得意な分野から解答していくと道は開けてきます。

簿記3級の試験は、基本的には計算問題が出題され、計算機の持ち込みが可能となっています。計算問題で一番怖いのが計算ミスです。
普段では何気ない計算問題が、時間が限られた試験会場では計算ミスが焦りを呼んで、時間切れになったというケースが多くみられます。
そこで、計算問題に使用する計算機はどのようなものを持ち込めばよいのでしょうか。
独学で勉強している方は普段から愛用の計算機がベストなのですが、桁数表示が12桁以上あるか、メモリ機能を搭載しているか、大きく見やすいか、といった点がポイントです。
掲載問題では億円以上の表示が必要な場合もあるので、最低12桁表示は必要です。
また、メモリ機能がついていると一度計算した結果を保存できるので時間短縮になります。
表示が小さいと計算ミスしてもわかりにくいので、できるだけ大きな表示の計算機を選ぶようにします。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/boki/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/