「公認会計士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

日商簿記検定簿記試験結果の解答速報をWeb上で見ることができます。解答速報とは、本試験が終了後、簿記学校が模範の答案ということでホームページ上に掲載しているもので、試験の主催者である商工会議所が発表しているものではありません。
あくまでも学校が受験生向けのサービスとして載せているものです。
それでは、これらの速報はどのようにしてつくられているのでしょうか。
本試験の問題用紙がないと始まらないので、学校から委託を受けた受験生から問題用紙を入手し、その問題用紙を基に講師が解答する方法があります。
また、当日または翌日に解答速報が出される学校の場合には、所属する複数の講師や職員が受験会場で受験生として試験を受け、その回答結果をまとめてWeb上にアップしているからです。
その場合には、複数の講師が回答をチェックしたり、補完したりしながら模範解答として、答案の正確性を上げた結果を掲載しています。
また、試験から2週間程度の期間はかかりますが、解答を解説を印刷した冊子として提供している学校もあります。
これは解答速報による模範解答に解説を加えて、簡易テキストのような形で配布しているもので、簿記学校の受験者およびそれ以外の興味がある人に数量は限定ですが時期を決めて無料で配布しているものです。
最近は、各社が競い合うようにWeb上にアップしていますので、試験終了から速報をアップする時間の速さや正確性が新しい受講生の獲得の一つの要素となっています。

簿記試験の解答速報は、商工会議所が公表したものではなく、あくまで簿記学校として独自に模範の答案として作成し公開したものなので、利用にあたってはいくつかの制約や注意事項があります。
一つ目は、解答速報は、学校が公開する模範として掲載するもので、受験生にはあくまで目安として提供しており、試験の主催者である商工会議所の合格基準点や合否を保証するものではなく、参考程度にとどめておくということです。
二つ目は、例えば、解答速報の結果の一部に誤りがあった場合には、修正を加えた正解を掲示しなおす場合があり、その際には内容の変更があるということで、掲載した解答速報が未来永劫に正しいものであると保証するものではないということです。
三つ目は、結果はあくまでも予想のものであり、知識のある人にとっては別の答えもあるのでは、という意見もありますが、現時点での簿記学校の模範解答という位置づけなので、結果についての問い合わせは受け付けていないということになっています。
四つ目は、解答速報の著作権は、掲載している簿記学校にありますので、許可なく他のホームページやブログなどへの転用や転載は著作権法違反となるので、禁止するとしています。従って、簿記学校が公開しているPDFファイルや動画ファイルは、あくまでも個人利用にとどめることで、著作権上許可されているとしています。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/boki/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

簿記の解答速報は、クレアールのホームページ上で詳細に提供されているので確認できます。第146回日商簿記検定は2017年6月11日に実施されましたが、翌日の6月12日15時から見ることができるようにスピーディーに配信されています。
配信内容は、PDF形式による、3級解答速報、2級解答速報、1級商業簿記・会計学解答速報、1級工業簿記・原価計算解答速報、の4種類となっています。解答速報はPDFファイル形式となっていますので、アドビ社のアクロバットリーダーソフトや互換ソフトによって、プリントアウトして見ることも可能になっています。
また、クレアールの専任講師が詳しく解説している動画についても3級~1級までが個別に同時に配信されていますので、目の前で講義を受けているようにわかりやすくなっています。
また、ホームページ上の請求フォームから名前・連絡先を入力することで、模範解答の冊子版や簿記検定講座のサンプルDVDも無料で請求することができます。
このようにクレアールは、タイムリーに模範解答の配信をすることで受講生へのサポートだけでなく、クレアールの簿記講座の受講を促すコンテンツを提供しています。

簿記検定試験_3級

簿記検定試験_2級

簿記検定試験_1級(商業)
簿記検定試験_1級(工業)

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/boki/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/