「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

簿記試験の難易度について説明します。日商の簿記検定の難易度は、易しい順に3級・2級・1級となっています。3級は商業簿記全般を2時間で回答し100点満点の70点以上で合格となります。
2級は商業簿記と工業簿記を2時間で回答し商業簿記の配点60点および工業簿記の配点40点合計100点満点で70点以上が合格となります。
1級は商業簿記と会計学を1時間半で回答し、さらに工業簿記と原価計算を1時間半で回答し、4科目の各科目25点の配点合計100点満点で4科目の合計70点以上が合格となりますが、1科目が10点未満の場合は不合格となります。
直近5回の受験者数は、3級で80,832名~94,411名、2級で44,364~70,402名、1級で8,416~9,087名となっています。また、直近5回の合格率は、3級では26.1~47.4%、2級では11.8~25.8%、1級では9.3~10.9%と、難易度の高い1級は受験者10名に1名と難関の資格となっています。

簿記と比較される会計系の他試験との難易度を比較をします。会計系の他試験としては、税理士試験、会計士試験があります。
内容として、簿記試験は会計業務の仕分けや決算業務を行うことで会社の財務諸表の作成方法やその知識を問うもの、税理士試験は税金の算出や相談者に税金や会計の説明ができる知識を問うもの、会計士試験は企業経営に際しての会計や法律や税金の知識を問うもの、となっています。
税理士資格は税務の独占業務、会計士資格は監査の独占業務、となっています。科目は、税理士試験は簿記および財務諸表、会計士試験は財務会計・管理会計・起業法・監査論・租税法、となっています。
合格率は税理士試験が10%程度、会計士試験は短答式および論文式の内容を合わせて6~9%程度と非常に難易度の高い内容になっています。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/boki/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

簿記試験の難易度を下げるための本番直前の対策についてまとめます。
直前には、受験する級の学習範囲は終了し、本格的に受験モードになる時期です。
合格に導くために必ずすることは、検定に慣れるために、過去問題をひたすら解く作業を行います。
徹底的に解いて、間違えた箇所は記録します。
どこが間違ったかテキストに帰って間違った箇所を理解します。
続けて、過去問題を解きます。間違った箇所を記録し、テキストに帰って間違った箇所を理解します。これを本番直前まで2回以上繰り返します。
そうしているうちに出題パターンを読み取ることができますので、難易度や合格率などに臆することなく自信をもって受験しましょう。

合格するため必要なことは、テキストをやみくもに読むのではなく計画的に進めることです。
簿記の基本は仕訳を正確に切ることですので、簿記3級や2級の基礎学習の時期は仕訳の練習問題を徹底的に行います。
仕訳はメモ程度の用紙があればどこでもできますので、ちょっとした空き時間を利用して行いましょう。間違った箇所は間違いノートとして記録します。
記録した間違いノートを都度読み返すと自然にわかってきますので、繰り返し行います。
本番直前の仕上げの段階で過去問題を解く際には、模擬テストと題して必ず時間を計って実戦さながらの環境を作って実施することで難易度を下げるようにします。
そうすることで、本番では焦ることも少なくなるでしょう。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/boki/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/