「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

土地家屋調査士は難易度の高い国家資格の一つで、毎年合格率も10パーセントにも満たない状況です。

これを目指す人は、予備校に通ったり通信講座を受けるか、参考書を買って独学で勉強するかに主に分かれます。
合格率が低いことから予備校か通信講座を選ぶことが多いですが、それらにお金を使うのが難しかったりする人は一人で勉強して受験する人もいます。

この試験は、正確な作図の作成や、関数の電卓を使った問題があり、それらを具体的に説明した市販本がなかなかないため、ここでつまずいてしまうことがあります。
それゆえに、一人での勉強では難しいと諦める人もいますが、受からないわけではありません。
過去に、独自の勉強で試験を受け合格した人もいます。
自分で参考書を選び、専門用語を自ら紐解き、勉強時間と気分転換を上手に使い分けることができれば時間がかかる場合が多いですが、合格することができます。

予備校や通信講座などの力を頼らない場合は、いかに長い試験勉強の時間を自分のペースで勉強できるかがポイントになっています。

土地家屋調査士試験を受験された方が一様に口を揃えて語ることがあります。
「書式」問題が最大のヤマでありその部分は絶対に独学ではとても困難だということです。

調査士試験受験生によるQ&Aサイトでは「書式」について講座やゼミをお勧めする等の記述が散見されます。
前述よりこの試験において参考書等で進められる部分は択一問題ということになりますがこちらも一朝一夕の丸暗記で突破できるものではありません。

これは、例年この試験の合格率が10%以下の超難関ということからも読み取れます。裏を返せば1回の試験で合格する人は非常にまれということです。
これを考えると、過年度問題などの近年出題傾向と蓄積されたノウハウがものをいう試験ともいえます。

学習においても前述のような経験則を効率よく生かしたものが必要となります。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】東京法経学院:http://www.thg.co.jp/tyosa/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

日本国内では、独学で土地家屋調査士の試験に合格を目指している人が大勢いるといわれています。

そこで、仮に合格に向けた学習目標を立てる際には、少なくとも1年程度の期間をじっくりと用意することが大きなポイントとして挙げられます。
特に、民法をはじめとするさまざまな法律に関する知識や、作図のテクニックを身につけるまでには、十分な時間が必要とされるため、余裕を持った受験対策に臨むことが良いとされます。

最近では、優れた内容が記されている市販本の参考書や問題集などが販売されているため、こうした教材をひととおり購入することも勧められています。
また、時には模擬試験などを受験することによって、自宅学習の成果についてしっかりと確認をすることができます。
いずれにせよ、自宅学習の欠点を補うためには、分からないことを放置しないことが非常に重要なこととされます。

土地家屋調査士の資格試験を、一度でパスしたいと願うのならば、独学ではなく東京法経学院に入ることがお勧めです。

業界最大手の学校で、受講生も多く、講師もベテランで質の高い授業を展開してくれます。
講師やスタッフが、過去の問題や傾向をプロの目から見た観点で対策を練り、今後試験に出そうな問題を扱います。
独学で勉強するには触れることのできない予想問題も解答でき、受講者に寄り添ったきめ細やかなサポートが期待できます。

そして、何よりも重要なのが、学校に通ってくる意識の高い学生たちです。
講座の内容と時間だけではなく、熱意のある学生と学ぶことで、家に帰った時のモチベーションにも差が出てくるものです。
共に学ぶことで得られる仲間は、厳しい資格試験を乗り越える際にも、お互いを切磋琢磨し、励ましあう仲間になり、乗り越えることができます。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】東京法経学院:http://www.thg.co.jp/tyosa/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/