「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

土地家屋調査士の資格取得をするのは大変難しいです。
毎年合格率が10%未満と狭き門で、合格までの平均学習年数が1~3年と一度で合格できるとは限らないですし、独学での取得は内容量が多いこともありかなり難しいです。

専門学校や通信講座を受講するのがおすすめです。
専門学校では志が同じな仲間たちとの情報交換したり、通信講座ではわからないことを徹底的に聞いて、ひとつひとつクリアにしていく作業がとにかく重要でありますが大変です。

合格後は就職転職に有利なことはもちろんのこと、中には行政書士や司法書士などダブルライセンスを取得して独立する人もいます。
ダブルライセンスをもっていると業務の関係上とても都合がよく、信頼もより厚いのでダブルライセンスで独立して頑張りしだいではかなり多くの収入を得ることも夢ではありません。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】東京法経学院:http://www.thg.co.jp/tyosa/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

土地家屋調査士の資格取得に向けての本格的な勉強を始めたのは、かなり遅い時期で、大学を卒業して、働きながら勉強することに決め、参考書をうまく利用して合格にこぎつけたと思います。

完全な独学は、かなり辛いことです。
いくら本人の意思が固くても、高い意識を持った仲間が周りにいた方が、環境に流されることもなく常に高いモチベーションを保つことができるからです。
しかし、自分は時間がなかったし、高い授業料を払って勉強するお金もなかったために、大学時代に使用した参考書と、過去問を徹底して反復しました。

そして先輩の声を聞きに行き、合格するコツや彼が使用した資料や参考書を譲ってもらいました。
夜寝る直前の記憶が一番頭に入りやすいと聞き、時間もないために科学的な脳科学の力も駆使して効率よく頭に叩き込みました。

私は、以前に土地家屋調査士の資格取得をしたのですが、当時は社会人として働いていたこともあって、職業生活と試験勉強の両立がとても難しかったことを覚えています。

不動産に関連する知識をそれほど持っていなかったこともあり、初めのうちは市販本の参考書や問題集を利用することによって、合格を目指していました。
ただし、途中から独学の限界を感じ始めたため、私の職場の近くに合った予備校を利用して、試験対策に本格的に取り組むことにしました。
そこでは、さまざまなジャンルの業種で働いている講師陣がそろっていたことから、有意義に試験対策を立てることができたため満足しています。

私は、それほど試験対策のためにお金を掛けることができなかったのですが、最近では良い教材が市販されていることもあり、ある程度の実力をつけるには十分だと感じています。

私は、土地家屋調査士を2013年の12月に取得することができました。

非常に難易度の高い物だと言われていたために、2012年の8月ほどから資格取得に向けて勉強をしていました。
専門的な内容を勉強しなければならなかったために、勉強をする際には理解ができずに困っていましたが、親戚に実際に同職で働いている人がいたために、話を聞いてみると基礎的な問題からこなしていけば理解が深まると言われ、非常に基礎的な内容を書いている教材を書店で買い早速勉強に取りかかりました。

基礎的な内容でもかなり難しかったのですが、分からない場所はインターネットで調べるなどして解決していきました。
また、インターネット上では模擬試験の申込みができたために、2013年の7月試験前に受けてみたところ、合格圏内にいたために安心して試験に臨むことができ、無事取得することができました。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】東京法経学院:http://www.thg.co.jp/tyosa/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/