「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

行政書士とはそもそもどんな人?
-仕事の魅力や給与・年収など-

1.【はじめに】行政書士とは

行政書士とは…

生活に密着して様々な行政手続のサポートをする国民と行政の架け橋!

行政書士は行政書士法に基づく法律専門の国家資格を有する者で、他人の依頼を受けて許認可申請書類などの官公署に提出する書類を代理で作成したり提出したりする仕事などを主に担っています。
法律に基づいて業務をする士業のなかでも、特に業務範囲が多岐にわたり、国民の生活に密着したサービスを提供していることが大きな特徴といえます。

-行政書士の使命-

行政書士は、社会調和を図り、誠意をもって公正・誠実に職務を行うことを通して、国民生活の向上とともに社会の繁栄進歩に貢献することを使命としています。

行政書士は国民と行政の架け橋として、国民の権利を保護しながら行政手続きがスムーズに行われることに寄与しており、社会貢献度は高いと言えるでしょう。

1-1.行政書士の活躍の場

超高齢化社会を迎えて、年金や医療保障などの社会福祉行政は、さまざまな課題を抱えているため、国民からも注目が集まっています。
国民が生活上の権利を得るために正確な書類を作成、提出するために行政書士の力が必要となることが以前よりも多くなっています。

社会生活が複雑化、高度化するにつれて作成しなければならない書類にも高度な知識を要することも増えており、行政書士の必要性はますます高まるばかりです。

最近では健康な状態のうちに遺言を作成したり、終活の準備をしたりする人も増えています。遺言公正証書の作成にも行政書士は関わっており、法的効力のある遺言書を残すという人生の重要な局面にも立ち会うことになります。

ポイント

・行政書士には訴訟を行う資格や権限はありません。

しかし、裁判では当事者に時間、費用、精神的苦痛などさまざまな負担が生じるため、最近では裁判になる前に問題を解決しようとする動きも増えています。
行政書士には裁判外紛争解決手段という業務もあり、今後行政手続きまで行えるための法制化が期待されています。
いきなり弁護士に相談するのではなく、問題の根本何でどのような解決の方法や手段があるかということも示唆してくれるため、行政書士は法律に精通していない人が、まず最初に相談しやすい対象であるともいえるでしょう。

2.【司法書士の役割、仕事】

行政書士は、法律を専門とする国家資格のなかでも、業務範囲が多岐にわたっており、国民の生活に密着して権利の保護や行政手続きの効率化を高い倫理観をもってサポートする役割を担っています。

書類作成

行政書士はその名前が示すように、行政機関に提出すべき書類作成を主な業務とすることから、別名「代書屋」と言われることもあります。

官公署に提出する書類の作成だけでなく、手続きの代理、権利義務や事実証明などさまざまなジャンルで活躍する仕事であるため、何をどのように処理すればいいかわからない一般の人々にとっては安心できる存在です。

難しい書類の作成に頭を悩ませる一般市民の立場にたって、効率的かつ正確に書類を作成してくれるため、街の身近な法律家であるとともに行政機関にとってもスムーズに行政手続きが図られるサポートとしての役割も果たしています。
最近では、依頼された書類作成だけでなく顧客の問題を解決するためのコンサルティングを行っている行政書士もおり、さらに需要が高まっています。

2-1.行政書士の魅力とは

行政書士の業務は幅広いですが、同じ分野で何年も経験を積むことで、その業界ではスペシャリストといわれる実力を身につけることができます。
ここではその他に3つに分けて行政書士の魅力について説明します。

(1) トータルサポートで得られる大きなやりがい

行政書士は、法律に精通している専門家のなかでも一般の人に身近な存在であり、行政手続きに必要なさまざまな書類の作成や相談業務で多くの人々の役に立つことができるという魅力があります。
事業をスタートするうえでは、さまざまな許認可申請が必要となりますが、その現場に立ち会って許認可がおりるまでトータルでサポートするため、これから新しいビジネスを立ち上げるという人にとっても心強い存在となるでしょう。
業務が多岐にわたり、さまざまな知識が必要となり苦労も少なくありませんが、許認可が無事におりてクライアントから感謝されると大きなやりがいを感じることもできます。

(2) アイデアと工夫次第でマイペースな仕事が可能

行政書士は、自分の才覚によってマイペースで仕事をすることができるのも大きな魅力です。行政書士の仕事はさまざまなジャンルに及ぶものであり、数万種類を超える業務があるともいわれています。
自分の得意な分野に絞り、アイデアと工夫次第でいくらでも仕事の幅を広げ収入をアップすることも可能です。

相談や打ち合わせの時間などは、クライアントの都合を優先することとなりますが、調査や書類作成、申請手続きなど、業務の大半を占めることになる実務作業は、自分のペースで進めることが可能です。
仕事開始、終了の時間だけでなく休日も計画的に自由に決めることができるのもサラリーマンとは違う大きな魅力といえるでしょう。

(3) 知識を深めれば誰でも受験できる

行政書士の資格取得には、年齢や学歴などの受験資格の制限がありません。
確実に知識を深めれば誰でも受験することができ、合格すれば行政書士会に入会、登録するだけで開業することが可能です。
生涯活用できる国家資格であるため、女性が結婚、出産などで一時休業してもその後業務を再開することも難しくなく、長く仕事ができるのも魅力と言えるでしょう。

2-2.行政書士の仕事内容と将来性

行政書士の業務は、業務範囲が広すぎるため業務内容が明確でないといわれることがありますが、大まかに分類すると4つになります。

■行政書士の仕事内容

・「官公署に提出する書類の作成、代理、相談業務」
・「権利義務に関する書類の作成、代理、相談業務」
・「事実証明に関する書類の作成、代理、相談業務」
・「その他特定業務」

ここでは、それぞれの仕事内容について詳しく説明していきます。

官公署に提出する書類

各省庁や都道府県、市区町村、警察署などに許可や認可を求めるために提出する書類の作成や代理申請が主な仕事となります。
また、ただ書類を作成、提出するだけでなく、聴聞や弁明、意見陳述など、高い専門性をもつ行政書士が代理を務めることで国民の権利を保護するとともに事務手続きを迅速に行うことができるのです。

権利義務に関する書類

権利の発生、存続、変更、消滅などを目的として意思表示をする書類の作成、代理申請などが主な仕事となります。
遺産分割協議書や売買、賃貸、請負、委任、などに関する契約書、示談書や内容証明、告訴状、嘆願書、などビジネス、プライベートを問わす、国民に身近な書類の作成や代理、相談に関する業務に従事することとなります。

事実証明に関する書類

会計帳簿や貸借対照表などの財務諸表、一図や案内図などの各種図面類、申述書など、社会生活に交渉を有する事項を説明する文書の作成、相談などが主な仕事となります。
また、出入国に関するものや許認可等に関する審査請求など「その他特定業務」に相当する業務が多岐にわたっており、さまざまなジャンルの仕事を対象としています。

ポイント

・行政書士は将来的にも安定した需要が期待されます。

最近では、官公署でも手続きの電子化、簡素化が進んでいますが、法律に関わる重要な書類が多いため、将来的に行政書士の仕事が激減することは考えにくいでしょう。
専門分野をしっかりともって、知識や経験を活かして仕事をする行政書士は将来も安定していると言えます。

2-3.行政書士の制度について知ろう

これまでの歴史をみても、行政書士の権限を拡大する動きは社会的なニーズから改正を重ねてきたことが分かります。ここでは時系列に沿って、歴史と制度の沿革を追っていきます。

制度の沿革

明治5年、太政官達「司法職務定制」による代書人制度による代書人が行政書士の前身となります。当時は、市町村役場や警察署などに提出する書類を作成することを主な仕事としていました。

明治30年代後半になると警察庁令、各府県令によって「代書人取締規則」が定められ、大正9年には内務省によって「代書人規則」が定められ、監督規定の統一が図られるようになります。

ポイント

・昭和26年 「行政書士法」の制定で行政書士は法律に基づく国家資格者と定められる

行政書士法の制定によって、行政書士は法律に基づく国家資格者となり、他人の依頼を受けて行政機関に提出する許認可等の申請書類の作成、手続き代理、遺言書などの権利義務、契約書や事実証明などの作成を行うようになります。

現代では、社会生活が複雑化、高度化するとともに福祉行政に重点が置かれているため、国民が官公署に提出しなければならない書類の種類が急増しており、その作成にも高度な専門的な知識を要するものも増えています。
行政書士は国民の権利を保護するために官公署に提出書類を代理として作成、申請する業務を担っているため、さまざまなサービスや権利を受けるためにはなくてはならない存在となっています。

代書人としての業務だけでなく、複雑で多様なコンサルティングが必要となる許認可手続きの業務が占める比重も高くなっており、情報化が加速する社会におけるさまざまな行政手続きのスペシャリストとして国民、行政機関から期待されています。

ポイント

・平成26年 「特定行政書士」の制度が確立され、行政書士の職域が広がる

特定行政書士とは、行政不服審査法の代理権を有する行政書士のことをいいます。
これまで行政不服審査法に基づく行政不服審査手続き業を行えるのは弁護士に限られていましたが、特定行政書士制度が確立されたことによって、行政書士の職域がさらに広がり、よりクライアントのニーズに応えることが可能となりました。

2-4.行政書士と司法書士の違い

同じ書士という名前がついていても行政書士と司法書士は互いの専門分野を超えて業務を行うことはできず、業務は明確に区別されています。

<行政書士>

■官公署に提出する書類に関する業務

<司法書士>

■登記や裁判、法務局に関連する業務

そして1番重要な違いは、
訴訟額が140万円以下なら、司法書士は裁判事務に関わる業務が可能である
という点です。

一定の要件を満たした認定司法書士であれば、訴訟額が140万円以下の簡易裁判所で扱われる事件に関しては弁護士と変わらない業務が可能です。

行政書士は裁判事務を行うことはできませんが、裁判に至らないための諸申請手続きを正確に行ったり、遺言や相続などの権利主張を明確にしたりするなどの業務に寄与することができます。
また、行政書士法が改正されて、行政不服審査法に基づく行政不服審査手続きを行えるようになったことから、簡単な法律上の紛争にも関わることができるようにもなりました。

2-5.行政書士の給与と年収は?

行政書士の平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で算出すると下記の表のようになります。また、行政書士は事務所に勤務することで、主任、係長、部長などの役職に昇任することもあり、年収は、主任514.8万円、係長640.8万円、課長846.7万円、部長936万円程度になるとされています。
さらに、企業の規模別では大企業の年収が696万円、中企業が576万円、小企業が522万円程度といわれています。

行政書士の給与と平均年収
年齢給与年収
20代前半21.4万円342万円
20代後半26.6万円426万円
40代37.5万円600万円

行政書士は官公署に提出する書類に関わることが多く、勤めている地域によっても平均年収が変わります。厚生省の都道府県の平均給与比率と各都道府県の行政書士の平均年収から算出すると、下記のようになっています。

地域別の給与と平均年収
北海道 埼玉 千葉 東京 神奈川 愛知 大阪
540万円540万円600万円 840万円660万円660万円720万円

さまざまな情報から平均すると行政書士の年収は約600万円ほどであり、一般的なサラリーマンと同程度であるといえます。
しかし、20代でも年収1,000万円以上稼いでいる行政書士もおり、働きによって収入にばらつきがみられるのも行政書士の特徴といえるでしょう。

業務内容による年収の差

申請代行業務が多い行政書士の仕事は、業務によっても年収が大きく変わります。

薬局開設許可

申請料が120万円以上となり、専門に業務を行っている行政書士の年収は1,500万円程度。

器物処理業許可申請

申請料は約68万円で、平均年収は814万円程度。

このように業務の選択や専門性の向上によっては高い収入を得ることができるため、行政書士個人によっても年収は大きく変わることでしょう。

事務所に勤務するか、個人で開業、独立するかによっても年収に大きな差が出ます。
事務所に雇用されている行政書士は、個人で仕事を探す必要に迫られることは少なく、安定した収入が得られるというメリットがあります。
しかし、事務所に入りたてであれば、年収200万円程度からのスタートとなり、昇格しないと大きく年収が上がらないこともあります。

一方、個人で行政書士事務所を開業した場合は、スタート時は年収200万円程度でも、個人の努力次第で、1,000万円以上の高収入を得る可能性は高くなるでしょう。

3.【行政書士になるには】

公行政書士は資格取得のために学歴が受験要件とならないため、なるためにこの進路を進まなければならないという縛りがありません。
学生でも主婦でもフリーターでも、誰でも勉強すれば受験することができます。

難易度はそれほど高くない

行政書士試験は毎年1回実施されており、例年5万人程度の申し込みがあります。
受験者数にかかわらず、毎年10%前後の合格率を維持しており、極端に合格者数が減少することもありません。
試験問題は全問正解しなくても合格ラインを突破すれば合格できるので、それほど難易度が高い試験ではありません。

大学などの学校に通わず全くの独学で試験に挑戦する人もいますが、やはり行政書士として活躍するためには、行政法、民法、商法などの専門知識が不可欠となることから、効率的に専門的な知識を学ぶことができる、大学や短大、専門学校や通信講座などを活用して受験する人も多いようです。
短期間で行政書士を目指すのであれば、やはり専門家による講義を受けた方が有利となるでしょう。

ポイント

・公務員で行政事務を一定期間担当すると特任行政書士になれる    

上記の試験とは別に、公務員として行政事務を担当を 大卒であれば20年、高卒であれば17年経験していれば、行政書士としての資格を持つ特任行政書士になることが可能です。

3-1.行政書士試験について

再度確認ですが、行政書士試験は行政書士法に基づいて、行政書士の業務に必要な知識や能力を問うことを目的としており、例年1回行われています。
受験資格には年齢、学歴、国籍などの制限がなく、誰でも受験が可能です。
試験に関する事務は都道府県知事が行うものですが、総務大臣の指定する指定試験機関に事務を委任して実施されています。

2つの領域

試験科目は「行政書士の業務に関し必要な法令等」「行政書士の業務に関する一般知識等」2つの領域になっており、それぞれ出題数が46題、14題と決まっています。

行政書士の業務に関し必要な法令等

問題形式:択一式のみ
憲法、行政法、民法、商法、基礎法学のなかからそれぞれ出題されることとなっており、法令は試験を実施する日が属する年度の4月1日現在で施行されている法令に関して出題されるため、常に最新の情報を入手しておかなければなりません。

行政書士の業務に関連する一般知識等

問題形式:択一式と記述式
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護・文章理解からそれぞれ出題されます。

試験の詳細について

試験会場:例年7月第2週に公示
受験手数料:7,000円

※合格者は日本行政書士会連合会に登録する際には30万円程度の費用が必要
となり、その後も年間6万円程度の登録料を継続して支払います。

平成29年度の行政書士試験は合格率15.7%となっており、ここ数年は10%を超える合格率で推移しています。
以前は合格率が8%前後であったことから考えると、今後も合格率の上昇が続くと考えられるでしょう。

試験の傾向について

試験の傾向としては、基礎法学・憲法は、基本的な問題が多く出題される傾向が続いており、基本に忠実に勉強しておく必要があるでしょう。

行政法

過去問からの出題があるため事前にきちんと勉強しておく必要があります。

行政手続法・行政不服審査法

条文をよく読みこんでおくことが必要であり、全体像をつかみながら、個別の条文を読み取っておくことが必要です。

民法

家族法などのあまりメジャーではないジャンルからの出題もみられ、過去問ばかりの対策では点数が伸びないことも考えられます。

無駄な時間をなるべく使わずに短期間で合格を目指すのであれば、効率的に学習ができる専門学校や通信講座などを活用するという方法もあります。

ポイント

・行政書士試験の免除対象者について

弁護士、公認会計士、税理士の資格を取得している人、または、公務員として行政事務にある一定期間従事している人であれば、行政書士の試験を免除することができます。

3-2.こんな人が行政書士に適正アリ!

行政書士は、書類の代理作成が主な業務となるため、事務処理能力の高さが求められます。
ミスが許されない許認可申請の書類も多いため、日頃から慎重でミスが少ないという人に向いているでしょう。

人付き合いが得意

行政書士の資格を取得して個人で事務所を開業する場合は、待っていても仕事が舞い込んでくるわけではありません。
一般企業のような営業活動も必要となるため、人付き合いや人脈づくりが得意という人も行政書士の適性があるといえるでしょう。

円滑なコミュニケーション

クライアントが抱える問題や要望を聞き取りながら、クライアントの権利の保護を優先しながら仕事を進めなくてはなりません。
そのためには、クライアントと円滑なコミュニケーションを図りながら、相談、打ち合わせなどを行う必要があります。
クライアントの口コミやリピートによって顧客がついてくるため、信頼される関係づくりのためのコミュニケーション能力は欠かせないものとなります。

3-3.行政書士の学歴に関する傾向

行政書士の資格取得には、学歴が受験資格にないため誰でも自由に受験することが可能です。行政書士に合格するための学習時間は600時間程度とされており、司法書士の約3,000時間と比較するとそれほど難易度が高いものではありません。

必要な学習時間
行政書士600時間
司法書士3,000時間

行政書士試験は絶対評価によって合格と判定されるため、試験の難易度の高さや他の優秀な受験者に左右されることなく300点中180点をクリアすれば合格できるといわれています。
科目ごとに足切りラインが設定されることはありますが、相対評価で合格点が決まるわけではないので、比較的合格しやすいといえるでしょう。

とはいえ、大学卒業と同時に資格を取得して行政書士を目指す人も多く、そのほとんどは法学部出身者となります。
法律的な専門知識があると有利になるため、ダブルライセンスの1つとして行政書士の資格取得を目指す大学生も少なくありません

大学で専門的な知識を勉強する以外では、独学よりも講座や学校を活用して資格取得を目指す人が多く、通信講座も人気となっています。

3-4.女性の比率や活躍状況は?

行政書士の登録者数は平成29年10月現在で全国に47,056名います。 内訳は男性が40,639名、女性が6,417名となっており、約9割が男性です。
そのうち、個人事務所を開業している行政書士は男性39,300名、女性6,028名となっており、いずれにしても男性の方が全体を占める比率は高くなっています。

男性女性
行政書士の登録者数40,639名6,417名
開業者数39,300名6,028名

行政書士が扱う業務は多岐にわたっており、なかには女性特有の案件も多く含まれています。近年では、女性行政書士がいる事務所を探す人も多くなっており、女性専用の行政書士事務所の開設も増加しています。
夫婦間の問題、離婚に関する相談で訪れる女性にとっては、女性行政書士の方が安心できるでしょう。

行政書士試験に合格して登録すると事務所だけでなく自宅を拠点として開業することも可能となります。
自宅で業務をこなすことができるので、夫婦生活や育児と両立しながらキャリアを積むことも難しくありません。

女性が社会で活躍する現代において、女性ならではの視点や感覚を活かした女性行政書士のニーズは今後も高まっていくと考えられます。

4.【最後に】公認会計士試験合格のおすすめ学校、クレアールについて

行政書士試験合格のためにおすすめの学校、クレアールWeb通信講座です。
短期間で最小の学力、費用で行政書士に合格するための効率的な学習内容が魅力で、合格に必要な得点範囲を基準に学習を進めていくことができます。

マルチデバイスに対応しており、Web映像によるVラーニングシステムによる学習にも定評があります。 1回だけでなく年間2回の受験対策を保証してくれるお得なコースもあり、行政書士試験を知り尽くした優秀な講師陣のわかりやすい講義をいつでも視聴することができるのも魅力といえるでしょう。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:http://www.crear-ac.co.jp/cpa/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/