「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

行政書士の試験に独学で挑戦をしようとしている人は、全国的に増加しているといわれています。

ただし、これまで自宅学習によって合格をつかみ取った人はごく限定されており、その中でも試験対策に取り組むまでに全く法律に関する知識や経験を持っていなかった人は少ないとされます。 そのため、一般的にはこの試験に自分の力だけで合格をすることは極めて難しいことが指摘されています。

そこで、本気で試験対策に取り組むにあたっては、十分に合格者を出している資格学校を利用することが勧められています。 また、講座を担当する講師との相性も非常に重要なものとして捉えられており、きちんと通学先についても見極めをすることが望まれています。 もしも、すぐにこのような資格学校に通学をすることができない場合には、自宅で優秀な講師によって作成されたテキストなどで対策を立てておくことが良いとされます。

行政書士試験は国籍や年齢を問わずに受験可能な事から、自力で勉強をして取得している人がいます。
Web上では体験記等も散見され、一見すると自力での取得も出来そうに見受けますが、実際にはかなり困難なものと推測出来ます。

その理由は合格率の低さにあります。
2003年以降の合格率は1桁台で推移していて、5%を切る年度も見られます。
比較的人気の高い資格である事から問題も難化する傾向にあるとされ、合格率が低いにも関わらずボーダーとなる得点は6割程度という試験です。

法律に関する試験ですから独特の言い回しが頻出する事もあって、自力の場合はつまずきを生み易いという側面もあります。
更にこうした独特な試験に対抗する為の予備校等も充実していますし、近年は通信教育で場所を選ばずにさまざまなノウハウを取得できる可能性が高まっています。

独学率が公表されている訳ではないのですが、こうした事情からその割合は逓減しているものと考えられ、自力での合格は困難な試験と考えられる訳です。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/gyousei/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

行政書士は、それ自体が独立して事務所を設けることができる資格でもありますが、他の法律系資格につながっていく入り口となる資格でもあります。
できるだけ早く取得するべきですから、一年以内に合格できるようにスケジューリングしていくべきです。
特にこうした法律系の資格は、年数がたつと法改正などでこれまで勉強してきたことが使えなくなるということも起こります。その点からも、早期に決着する必要があるといえるでしょう。

独学では何から手を付けていいのかわかりにくいものですが、その際に過去問を利用しましょう。
過去問で出ている範囲は、これからも出題される可能性が高いところなので、まずは問題が解けなくても問題と解答を読み込み、その過去問の年度と番号をテキストに書き込みましょう。
そうすると出題されやすい分野が目に見えてくるので、テキストのその部分を集中的に読み込みます。
ここまでを6か月程度で終わらせることを目標として、残りの時間はひたすら過去問を繰り返していきましょう。

行政書士の資格を取得する際、独学で勉強する人は多いです、しかし、難関な資格でもあり数多くの資格取得の参考書が発売される中、一人で勉強するにはやはり厳しいものがあります。
その理由には、十分な対策ができないと受からないという試験自体の特徴と、一人で勉強することで緊張感がないまま試験に臨むことになるという精神面の問題があります。

その点、クレアールには野心のある向上心が旺盛な学生が集まります。
試験自体は一人で受けても、ライバルになる存在や、お互いに励ましあう仲間がいることで、自宅での予習復習の熱も変わってきます。そしてなにより、数多い過去の事例と問題を吟味し作成された授業は質が高く、効果的なポイントを抑えた授業が受けられます。
過去問や傾向をしっかりと押さえた対策問題が事前に勉強でき、試験本番でもリラックスして臨めます。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/gyousei/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/