「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

行政書士試験の難易度については、依然としてとても高い状況にあり、数ある士業と呼ばれる資格試験の中でも合格率が低いことが特徴として挙げられます。
中でも、作文形式の問題に関しては、例年戸惑う受験者が大勢いることが知られており、事前に十分に対策を立てることが望まれています。

特に、短期間での合格を目指すにあたっては、独学ではほとんど見込みがないために、資格学校などに通学をすることが勧められています。
そのような学校を利用することによって、試験勉強のノウハウをしっかりと身につけることができるため、合格に近づくことが特徴とされます。

最近では、この試験の合格実績が豊富な資格学校について、様々なメディアで取り上げられており、難関の試験をいかにうまく潜り抜けるかといったことに大勢の人々からの注目が集まっています。

近年行政書士試験の難易度は高くなってきています。
しかし、他の難関試験と比べるとまだまだ取得の可能性は高いといえます。

司法書士や司法試験は、その細かさや覚える量の多さから、短期での合格者はかなり少ないのですが、それに比べると一年程度の勉強でも十分対応できるということから、法律にかかわる仕事に就くうえで、まずこの資格を目指すという方も多いです。
難関資格は実力者が多く挑戦していますから、合格率だけでは比較できないと考えます。

私の実感として、受験資格を取得することが難しい司法試験を除き、同じように受験資格がない司法書士と比べると、この資格は100分の1程度の勉強量で合格できるのではないかと思っています。
同じ民法や会社法でも、全く違う科目に見えるほど深さが違うのです。そのため、法律の初学者などは直接上位の資格を狙うより、この資格を取得してからステップアップしていくのが良いでしょう。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/gyousei/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

行政書士試験は、不況により資格を身につけたいと考える人が増えていることから、受験者数も増え、難易度も高くなってきています。
しかし、しっかりした対策をとれば、初学者でも短期合格は可能です。

勉強方法としては、とにかくできるだけ多くの年度の過去問が入っている過去問題集を購入し、それを何度も回していくというのが一般的です。
時間がなくても3回から5回は回しましょう。傾向がつかめ、知識も取り入れていくことができます。

しかし、何もわからない状態では過去問に取り組みにくいでしょうから、受験予備校の講座などを受けてみるのも一つの手です。
一度講座を聞いてから、対応する過去問を解き、テキストに出題年度と問題番号を書き込んでおくなど、過去問にリンクさせてひととおり終えてみましょう。
過去問題集を回した時の理解度が格段に変わってきます。

行政書士試験は難易度が高く、合格率も極めて低いことで知られています。そのため、数多くの資格学校やサポート学校、講座や参考書が売られており、自分に合った勉強法を選び、効果的に学習することが合格の秘訣と言えます。

数ある学校の中でも、クレアールは業界の中でも有名で、過去の合格者数も多いです。
講師もベテランの資格保持者で、効果的な学習が期待できます。時間もない中で勉強するには、いかに効果的に、試験に出そうな問題対策を行えるかが合格の決め手になります。

専門のスタッフが、過去の問題や傾向を分析し、確実な試験対策を行っています。
その授業をきちんと押さえれば、確実に合格に結びつく勉強ができます。また、授業で出会った学生は、同じ道を志す者同士切磋琢磨し合える関係が築け、モチベーションや勉強への意識も高く保てます。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/gyousei/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/