「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

行政書士の試験に合格をするまでには、長時間の学習期間が必要とされ、幅広い一般常識や法律知識を身につけることが望まれています。
また、論述式の問題についてもきちんと対応できるまでには、十分な訓練が求められており、ほんのわずかの受験者のみが合格を勝ち取ることができるといわれています。

この試験に合格をして資格取得ができた後には、しっかりと仕事を得るための活動をすることが大切です。
最近では、初めから事務所を構えるよりも、民間の企業の法務部などで活躍をする人が目立っています。
その他にも、大きな法人に勤務をすることによって業務に関する経験を積み重ねる人も珍しくなく、近い将来に独立を果たす準備をするにももってこいとされます。

今後も、さまざまな目標を持ってこの試験に挑戦をする人が増えることが予想されていますが、何よりも将来の道筋についてしっかりと意識することが望まれています。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/gyousei/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

私が行政書士資格取得のみに費やした時間は、働きながら3か月程度でした。
しかし、それ以前に公務員試験対策講座などを受講していたため、その受講期間6か月を足して9か月程度で取得したことになります。
公務員試験とこの試験は科目などが重なるため、かなり有利に受験できたと思います。学生などで公務員試験を受けている方はついでにこちらも受験しておくと役に立つかもしれません。

この試験で特に重要なのが行政法です。
行政法自体はあまりなじみがなく苦手でしたが、行政法を行政学と一緒に学んでいくことで、簡単に思えるようになりました。
ここでつまずいている方は、公務員試験用の行政学の教材にも目をとおしてみるとよいでしょう。

受験勉強の方法としては、とにかく時間のある限り過去問を繰り返しました。
テキストを読み直す時間もなかったのでこの方法を取りましたが、結果的に知識を効率的に入れることができたと思います。

行政書士の資格取得への道は難関です。
しかし、その分合格した時の達成感は格別のものがあります。

学生時代から、人によっては進路を決める高校生の頃か目標にしてきた人も多く、合格することは憧れの的です。
そんな中、この難関の合格への道をどのように切り拓いてきたのか、それは普段の学習方法が良かったからだと言うことができます。
試験当日から逆算して学習しなければならない事柄をまず表にし、目標をきちんと定めてスケジュールを立て、その通りに進めたことが良かったと思っています。
大まかに、月ごとの目標を書き出し、更に週、週末にはその次の週の一日一日をどう過ごすかきちんと決めます。
毎日こなすことが大切ですが、しかし一日ずれても大丈夫なように、日曜日は予定どおりにいかなかった分を取り戻す日として空白にしておきます。

このように、合格に必要な勉強をきちんと最初に書き出し、計画をきちんと立てることが合格の秘訣です。

多くの資格取得の中でも、行政書士は試験内容は勿論のこと、難関の部類に入ります。
私が受験した際も、一度は不合格で、次の試験の際に合格を手に入れました。

一度目の失敗から二度目のリベンジの際、何が良くなかったのか反省することを徹底し、まずは反省から入りました。
敗因は、合格に必要な基本的な知識を身につけるより前に、試験にでるような応用問題ばかり解いたことだと思い至り、同じ轍を踏まないようにまずは確実に基礎を抑えることを重要視しました。

マーク式の択一問題はどれも基礎問題なので、確実に点を落とさないようにすること、そして配点の高い筆記試験で点を稼げるように、筆記対策を万全にしたことも今回の勝因になりました。
そして、モチベーションを常に高く保つために、合格した時の自分の姿を思い浮かべたりと、常に高い意識で勉強してきました。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/gyousei/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/