「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

公認会計士は合格率平均10%以下と他の資格に比べ難しく、それゆえ取得していればかなり優位になる資格のひとつです。
独学での取得も完全に不可能なわけではございませんが、他の資格に比べテキストや教材、対策本が少なく、独学での取得はかなり難しくなっているといえます。
また他にも試験自体に論文式を用いていることから、独学ではなく資格学校に通い取得を目指すのが一番でしょう。
このページでは資格取得の学校に通い、無事公認会計士に合格した方々の声を集めました。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:http://www.crear-ac.co.jp/cpa/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

2年前から会計士の資格取得に勉強を始めました。
クレアールに入学するまでは、集中力や勉強に対するモチベーションを維持するのが難しかったですが、このクレアールに入学してから、一気に勉強に向けて意欲がわき、モチベーションを維持することができるようになりました。
公認会計士の免許取得という同じ志を持つ者たちとの出会いにより、自分の弱い心を押し込めて、希望に燃えて努力をする心を培うことができたということです。
同じ仲間同士ながら、切磋琢磨して自分の努力を認めてほしいという気持も持てたことが大きかったでしょう。
この学院のカリキュラムに沿って勉強をしていくうちに、企業の経理分析、資本主義の金銭の流れや、パフォーマンスの良い経理状態というものに関心が徐々にたかまりました。
次第に勉強そのものが一番の関心のほこ先になっていき、楽しく知識を吸収することができるようになりました。

クレアールの理想の合格を実現するためのコンセプト、「安」「楽」「短」に魅力を感じました。
私は働きながら司法書士を目指して勉強をする上で、無理のし過ぎない形を探していました。
ですからこちらならばインターネットで配信される講義を受講するから、紙ベースではなく体感しながらの学習スタイルが効果的でした。
予備校に通う時間も省くことができましたし、ちょっとした合間に学習に取り組むことができてとてもスムーズでした。
講義も無駄のない効率良い、要点をついた講義でした。
行政書士や税理士に加えて、公認会計士の資格も目指せるので魅力的です。

lecでは、生徒の勉強しやすい環境を常に用意してくれています。
公認会計士のような難関受験に関しても、モチベーションを維持させてくれる工夫をしてくれている学び舎です。
私は怠け癖があるせいか、今まで独学で勉強をしたり、他の専門学校に入学しても勉強に対するモチベーションが維持できませんでした。
しかし、こちらに入学させていただいてから一気にやる気を覚え、集中して勉強に励むことができ、見事会計士の免許を取得することができました。
この資格は今後日本が資本主義社会としてさらに経済が複雑化していくなかで、大変強い武器になります。

仕事に就ける一生ものの資格が取りたくて通いました。
本当は独学で取得するのが一番費用が安く済むのはわかっているのですが、難易度の高い公認会計士だと独学では取得が難しいです。
会計に関する決まりもどんどん変化していくのでついていくのが大変です。
モチベーションも独学だと続けることが大変ですが、通学すると同じ志の仲間がいるのでモチベーションも維持しやすいです。
お互い切磋琢磨して試験に挑むことができます。
先生にすぐ質問できる環境も重要です。
わからないことがあったら質問して即座に解決しておきます。
わからない状態を長引かせれば長引かせるほど解決しづらくなります。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:http://www.crear-ac.co.jp/cpa/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/