「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

司法書士の試験に独学で合格をすることは、非常に難しいこととして知られており、これまでの合格者のほとんどは独学ではなく大学の法学部や法科大学院などで学習に取り組んでいることが特徴とされます。

また、一般大学を卒業した人の中には、資格学校などに通いながら試験対策に取り組むことが当たり前となっており、自宅で学習をすることの困難さについては、さまざまなメディアでも取り上げられています。
もしも、この試験の対策を立てる際には、合格者を多く輩出している資格学校に通うことが何よりも重要なこととされ、テキストや問題集を使いながら、ベテランの講師からのアドバイスを受けることが勧められています。

たとえば、すぐに資格学校へ通学をすることができない場合には、市販品の中でも定評のある書籍を買い求めることが良いとされます。将来的にも、十分に試験のためのノウハウを身につけてから合格を目指す人が増えるとみられています。

司法書士資格を取得するためには、ほとんどの場合が専門学校などで学習した経歴を持っています。しかし、少数派ながら独学で学習して資格取得に成功した人もいます。

これらの割合を調べてみると、全体の合格率は3%ほどで、そのうちの8割以上が専門学校や資格講座の修了・卒業者という統計が出ています。
そうなると、独学での合格率は10%程度であり、総合すると約300人に1人という厳しい合格率となります。インターネットではその厳しさを綴った体験記等も見つけることができますが、そのほとんどは独学での学習に行き詰まりを感じたことがあると書かれています。

学習内容の中身は憲法や民法、刑法など全てに通じていなければならず、教材となる法律の書籍は相当分厚いものになり、学習を進めていく中で億劫になっていく気持ちと戦うことになる場合が多いです。
そんな苦労を乗り越えて初めて得られる資格なので、多少苦労してでも専門学校に通って資格取得の準備をした方が合格率は大きく変わります。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:http://www.crear-ac.co.jp/shoshi/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

司法書士試験合格を独学で目指していくためにまず必要なのは、過去問の正答率を100%にすることから始まっていきます。
その際に注意しておくべきことはただ暗記するのではなく、なぜその答えになるのかを正確に説明できるようにしておくことです。また類似している論点の違いについて熟考してみるという作業も非常に大切です。

その段階までクリアするだけであっても相当の時間を費やさなければならないはずですが、本番はそこから先にあると心得ておくことが重要なポイントになってきます。
次の段階では過去問で得た知識をフル活用して様々なニュアンスの異なる問題に挑戦し、応用力を磨いていかねばなりません。

そこでいかに正確な知識を身に付けておくかで、記述式のほうにも影響してくることになります。
知識が固まってきたらそれをひたすら反復し続け、どんな問われ方をしても知識を瞬時に引き出せるだけの力が必須となります。

司法書士を独学で目指していく場合には、学習の効率化を模索することから始まり毎日何時間もストイックに継続し続けていかねばなりません。
そして客観的な評価が存在しないため、本当にこの学習方法で合っているのか、今やっていることは意味があるのだろうかと様々な疑念にさらされて、精神的にまいってしまうこともよくあるものです。
やはり確実に合格を視野に入れていくならば、独学ではなくクレアールのような、プロの講師や同じ志を持つライバルがいる環境で、迷いの一切を断って一心に目標へ向かって邁進していくことが賢明でしょう。

そのような環境に身を投じることによって退路を消し去り、必ず合格しなければならないという気持ちを強化する効果にも期待できます。
信じて継続していくという当たり前のことも、一人ではなかなか厳しいものですから、仲間と共に頑張ってみてはいかがでしょう。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:http://www.crear-ac.co.jp/shoshi/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/