「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

日本にはさまざまな国家資格があり、不動産関連、司法関連の資格は特に難しいとされています。
そういった難関の国家資格試験の対策をすべく、資格学校がたくさん存在します。
資格学校では対象となる資格試験の対策のための講義が行われるだけでなく、各受講生の疑問や質問にも答えてくれるため、難関国家資格を取得しようとする人の受講者が増えてきています。
また、その年度の試験の解答速報を掲載してくれる学校も多いため、国家資格を目指す人には非常に有意義な存在であると言えるでしょう。
その中でも司法書士は司法関連の資格として司法試験の次に難しいと言われている資格で、不動産関連の資格としても重要な位置にあります。
司法書士になろうとしたら資格学校に通うことはもちろん、ある程度は自主的な勉強も必要なることも。そうなったときに心強いのが、解答速報です。
問題の傾向や資格試験対策を練るのは、受験をするうえでもはや当たり前の行為ですので、いかに正確で分かりやすい解答速報を得られるかが受験のカギともいえるでしょう。
このページではクレアール解答速報と解説動画をご紹介します。これから司法書士を受けようと思っている方は、ぜひ解答速報をご確認してみてください。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:http://www.crear-ac.co.jp/shoshi/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

司法書士の試験では、午前の部と午後の部があり午前の部の憲法は比較的簡単な内容となっています。
民法は全体で約20問前後出題されて試験の中では最も難しいとされています。
ほかには刑法と商法が出題されますが刑法はほかにも勉強しないといけたい部分が多いため意外と難しいとされていますが、しっかりと勉強を行い対策すればそれほどではありません。
また商法は試験に合格し働き始めた場合に実務の中心になる為かなり難しい問題が出題される傾向にあります。
午後の部となるとより専門的な内容の科目や民事訴訟法や民事執行法,民事保全法などをはじめとしたマイナーな内容の科目が出題される為、勉強をする部分の中心となることが多いです。
また筆記試験のほかには口述試験も行われます。
そのためただ勉強を行い情報を持っていたとしても会話能力がないと判断された場合には不合格となります。
とはいえ試験ですので過去に出題された会話の受け答えができるようにしていれば十分に対策になるでしょう。
このように多くの情報を勉強しながら実務に必要な会話能力も試験を突破するためには必要とされかなり難易度の高い試験として知られています。
この資格を習得するためには筆記試験が完了した段階で自分が筆記試験を突破したかということを早く確認することが大切になります。
そんな時におすすめなのが東京警報学院の解答速報です。
こちらでは試験が終わった後すぐに今回受けた試験の解答をインターネットから確認することができます。
それにより受かっていた場合にはすぐに口述試験の対策を行うことができダメだった場合でも切り替えて次のチャレンジに進むことができるのです。

司法書士の試験当日に一番気になることは、午前の部及び午後の部の解答速報による自己採点です。
速報に関しては通信教育でおなじみのクレアールも共有しています。
速報を確認して、自分が合格ラインであるか確認でいると同時に、弱点を再確認して来年の試験に備えて、さらなる対策を練っていくことができます。
解答に関してはネットまたは各予備校ですぐに確認できるので、試験が終了してから確認をすることが大事なことです。
解答利用に関しては基本的には予備校の利用者に対して無料ですが、利用していない予備校によっては名前を提示しないといけない場合があります。
そして各専門学校または通信教育が提供している解答一覧もありますので、自分の解答と各学校の解答を照らし合わせることで、自分の実力を知ると同時に、今後の予備校選びの参考にも大いに役立つことができます。
予備校によっては記述式の速報を行っていない場合もあります。
その場合には司法書士試験の解答速報がオススメです。
試験に対する知識と経験を豊富に持っている講師群が在籍している予備校を選ぶことで、難易度が高い国家試験を効率よく突破していくことができます。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:http://www.crear-ac.co.jp/shoshi/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/