「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

司法書士試験は、近年かなり難易度が上がっています。受験者数は減っていますが、合格者数も減っているので、合格率はそれほど変動しません。
しかも、何年も受験をし続ける実力者も多く、そういった上位2~3000人の間での戦いになっているため点数の開きが少ないという特徴があります。言い換えれば、ほとんど失点が許されないということでもあり、それが難しさをより増しているといえます。

また、司法試験が法科大学院の制度を取り入れたことにより、受験資格取得の難易度が難しくなっていることから、そちらの受験を志していた人もこの試験に挑んできている点も合格ラインを上げている原因といえます。
この試験は範囲の広さと聞かれることの細かさが特徴といえます。記述試験では実際に申請書に記載する事項を書くなど、実践的な問題も多いので、そういった問題への対応も必要となります。

司法書士試験の難易度は非常に高いもので、合格率も3%程度に推移していますが、難関資格として認識されているものとしては弁理士や税理士あたりとよく比較されることが多いです。
試験の大きな特徴は税理士などとは違って受験資格に制限が設けられていないことです。
そのため単純に合格率だけを比較してどの資格の難易度が高いと判断してしまうことはできませんが、合格までの期間は最低であっても2年は必要になってくるでしょう。

もちろん正しい勉強法と本人の努力や才能次第では、1年で短期合格を果たされる方もいらっしゃいます。非常に実務に近い形での知識を総合的に要する問題も含まれており、過去に出題された問題と同じ論点を問う場合にもニュアンスが変わって出題されるため、暗記だけでは対応しきれない部分も多く、そのあたりをいかに正しく効率的に理解していくのかが合格の鍵を握っています。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:http://www.crear-ac.co.jp/shoshi/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

司法書士試験は、十年前よりかなり難易度が上がってきている印象です。
他の試験が軽く突破できたからといっても、この試験でもうまくいくとは限りません。十年以上受験を続けている人も少なくありません。
範囲が広いうえにやることが細かく、ひっかけ問題もかなり多くあるので、正確な知識をどれだけ自分の中に入れておけるか、現場でどれだけ対応できるかということが重要になってきます。
問題の傾向変化やその年の法改正などにも対応していかなくてはなりません。

しかし、そういった情報は個人では手に入りにくく、合格に必要なだけの力を自分だけで積み上げていくのは非常に困難です。そのため、対策が必要になります。

最も効果があるとされているのが、受験予備校の講座の利用です。
自分だけでは細かいところの違いが分かりにくいこともあります。一度ひととおり講座を受けてみるのが結果的に合格への近道となるでしょう。

司法書士試験は、国内で実施されている国家試験の中でもとても難易度が高いことが知られています。
特に、この試験に合格をするまでには数年以上の時間がかかることもあるため、何よりも綿密な試験対策を立てることが重要です。

また、最近では独学でこの試験に挑戦をしている人が大勢いるといわれています。効率よく学習を進めてゆくには、クレアールの力を上手に利用することが良いとされます。
この資格学校は、さまざまなウェブサイトや書籍などにおいてイチオシの存在としてピックアップされることができ、これまでに数多くの合格者を輩出していることが人気の秘訣として挙げられます。

様々な資格学校の中でも、圧倒的な指導経験を持つ講師が揃えられているため、社会人や学生にとっても、カリキュラムに従ってしっかりと実力をつけることができます。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:http://www.crear-ac.co.jp/shoshi/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/