「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

司法書士を目指すためには、一般的には国家試験に合格をすることが必要とされます。

この試験は、国内でも最難関のひとつとして取り上げられることが多く、中には何度も試験に挑戦をしている人も少なくありません。
たとえば、記述式の問題については、法律知識だけではなく、文章作成のための能力が十分に求められる事が知られています。
この試験に合格をすることによって、無事に資格取得を果たしたのちには、求職活動に積極的に取り組むことが良いとされます。

最近では、大手の法人において試験に合格をしたばかりの人材の採用を積極的に行っていることがあるため、実務経験を身につけるうえでもたくさんのメリットがあります。
また、すでに社会経験が十分にある人にとっては、初めから独立を果たす動きもみられており、人それぞれ自分の能力をうまく使うことが大きなテーマとして捉えられています。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:http://www.crear-ac.co.jp/shoshi/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

司法書士の資格取得は、大学在学中に一度受験したものの合格できず、一年浪人した形になっての受験でした。大学の友人の多くが合格した悔しさをばねに、今回こそはという意思を固くし、独学で勉強することに決めました。

独学と言っても、大学の際にダブルスクールした当時の参考書や授業のプリントをきちんと保存し、それらを生かすことを大切にしました。
不合格になった原因は、同じ状況で勉強した友人が皆受かったことからも、単に自分の勉強不足だったので、もう一度きちんと基礎から学び始めました。確実に合格できるよう、何度も過去問を反復練習し、徹底して知識を叩き込ませました。

辛くなった時は、不合格だった時の悔しさを思い出し、何とか自分を奮い立たせました。当日の試験の時間帯と同じ時刻に勉強するなど、体調管理も徹底して行い、当日はベストな状態で臨めるように細心の注意を払いました。

司法書士の資格取得を目指した理由は、将来を見据えて目指すことにしました。 自分で事務所を持ち、独立開業する夢もありました。

法律の知識がなくても、専門学校に一年通えば合格できるとたかをくくっていたら、何と合格率が3%台と知り慌てて勉強しても時すでに遅しで一年目は残念な結果となりました。
二年目は前年の本試験でどこを間違えたかを分析し、間違えた所を見直すことから始めました。 あと全国規模の答案練習会や模擬試験などを受験して、自分がどのくらいの順位かを早い段階で知っておくようにしました。自分が得意不得意の把握もできます。

そして講義をしっかり聞き、過去問をとにかく解いていました。 過去問を解く時に時間配分も考えながら解いてました。そのような積み重ねで合格しました。 受験勉強は長丁場で、とにかく一日一日をどのように過ごすかは大切なことです。

私は法律とは全く関係ない職場で働いていましたが、女性が一生働ける世界ではなかったので、転職するために司法書士を目指しました。

独学では難しいと思い、予備校の講座を受講しましたが、聞きなれない法律用語が多くてわからない部分も多かったです。
それでも毎回受講し、内容を自分の言葉でノートでまとめていくうちに、だんだんテキストの内容がわかるようになりました。また、この自分でまとめるという作業が、記述式の勉強にもつながり、苦手意識を持つことなく記述の答案構成に取り組むことができました。

仕事をしながらの資格取得はやはり厳しいもので、平日はまとまった時間がなかなかとれませんでした。それでも通勤電車内などスキマ時間を見つけることで何とか勉強時間を確保し、勉強を続けることができました。

実は一度目の試験では落ちてしまったのですが、二度目はその時の反省を活かして合格できました。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:http://www.crear-ac.co.jp/shoshi/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/