「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

簿記試験は、年間に60万人も受験するたいへん人気となっている検定です。会社に雇用される場合でも、会社を経営する場合でも、会計や経理業務は必ずあり、簿記は会計や経理の基礎となっている知識なので資格取得は社会人の心得とも言えます。資格取得の勉強は専門学校あるいはwebサイトで行えます。

簿記とは、お金やものの収支を記録する方法です。
表記には単式簿記と複式簿記との2種類があり、ほとんどの企業の会計は後者を採用しています。
また、経済活動によって商業簿記と工業簿記とに分けられます。
前者は、会社の財務状況を表すために適しています。
一方、後者は、材料の購入から、製品の制作、製品の販売までの一連の経済活動を表すためのもので、原価計算の理論が主軸になっている方法です。
検定試験は、日商簿記・全経簿記・全商簿記・日ビ簿記の4種類があり、学校での学習のほか独学での受験も可能です。

クレアール

おすすめする学校の第1位はクレアールです。
クレアールでは、短期間で習得できる非常識合格法があります。
これは、全試験範囲の内、合格するために最低限必要となる部分をしっかり学習することで、必要な最小限の労力をかけて合格を勝ち取ることです。
日商簿記では、商工会議所簿記検定試験出題区分表が公表されていて、3級・2級・1級それぞれについての試験範囲が決められていますので、受験する級ごとに無駄のない学習が可能となっています。
クレアールではいち早く区分表に対応した学習方法を提供しています。

lec

おすすめする学校の第2位であるlecの特徴は、講師フレックスです。
3級と1級の講座に導入されています。
講師フレックスは、2人の講師が同じ科目の講義を行っており、自分にあった教え方をする講師を選んでも良いし、2人の講師の講義を交互に受講してもよいので、お好みの講義にカスタマイズして学習することができます。
3級完全マスター講座(10回)、3級パーフェクトパック(通信Web・通学Webフォロー)、1級パーフェクト講座(全66回)、1級解法パーフェクト答練(全6回)、の講座を選択されると講師フレックスを利用することができます。

大原

簿記の大原は、おすすめする学校の第3位にランクされています。簿記資格士試験合格者の多い大原では、進化する大原の簿記とのキャッチフレーズで3つのポイントをあげています。
1つ目は、新試験への完全対応ということで、日商簿記出題区分表が改定に伴って、完全対応した教材やカリキュラムを提供しています。
2つ目は、手軽にリーズナブルで自分のペースで学習できる通信講座を提供しています。
3つ目は、動画での解説や試験間近での回答解説や解答用紙のダウンロードサービスなどのサポートを行っています。

ユーキャン

簿記試験勉強おすすめの学校の第4位のユーキャンでは、初心者での合格者を3か月で目指すというPRを行っています。
まず、初心者でもわかりやすいテキストを提供していてテキストの中身は読み進んでいきやすいようにイラストや図をふんだんに使っています。
1日の学習時間は30分~60分程度といった隙間の時間を活用することができます。
また、3か月で学習が終了しない場合でも、受講開始から12か月間はサポートしてくれます。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/boki/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/