「司法書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

土地家屋調査士になるには、資格取得のための試験に合格する必要があります。合格率は毎年一桁台と低く、大変難しい資格です。

多くの専門的な知識や技術が必要な資格であり、また合格するには総得点だけでなくそれぞれの科目でバランスよく得点する必要があります。しかしながら知名度があまり高くない資格のせいか、問題集や受験対策本の数もあまり多くはありません。そのため独学での合格は難しい資格となっています。

早期の資格取得には、効率よく学習を進めていくことが重要です。そのためには資格取得のための学校に通うことをおすすめします。
必要な知識や技術の修得はもちろん、合格のノウハウをすべて知り尽くした専門の講師がしっかり指導してくれるので安心です。

土地家屋調査士とは土地や家屋の不動産関連の正しい物理的状況を調査や測量によって把握し、それらを登記していくスペシャリストです。

不動産の登記を行っていくには、正確な土地や家屋の所在や形状、利用状況に至るまで把握した上で進めていく必要がありますが、それには素人の生半可な知識では太刀打ちできないため、こういった不動産の調査におけるスペシャリストの存在がどうしても必要不可欠になってくるのです。

登記のプロフェッショナルとしては同じく司法書士などが一般的に認知されていますが、不動産の調査や測量をしていく上では、その方面の専門知識が必要となるため合わせて資格を取得する方や、業務上で提携し協力していくという例も非常に多くなっています。

不動産とは我々の生活にとって必ずなくてはならないものであり、同時にしっかり登記しておくことで正しい権利関係を明確にしておかなければならないですから、その上で需要が決して途絶えることのない極めて重要な役割を担っている職業です。
我々が普段当たり前に生活している土地や家屋といった不動産のほぼすべてには、その調査や登記のスペシャリストたちによる素晴らしい働きが関わっているのです。

東京法経学院

土地家屋調査士を目指す人にお勧めなのは東京法経学院で学ぶ事です。
同学院は1961年、司法書士試験指導会からスタートし、長年資格取得の専門機関として幅広く認知されている会社です。学院は東京、名古屋、大阪、福岡と全国の大都市で展開しており、伝統と信頼の厚い会社です。敷居が高くならないように、受験・受講相談、最新資料の提供、ガイダンスや体験入学、これらを無料で行っています。また、随時タイムリーに行う集中講座について日本経済新聞などに紹介されています。

ユーキャン

ユーキャンの土地家屋調査士のコースを受講することによって、一年以内に十分に合格県内までたどり着くことが期待できます。
特に、仕事をしながらこの資格の勉強に励んでいる人にとっても、自分なりに合格に向けた実力を付けることができる点が特徴とされます。
また、テキストや問題集についても、十分に精選されたものが用意されているため、初めて本格的な試験対策に挑戦する場合であっても、勉強の効率を高めるために役立っています。

lec

lecでは、土地家屋調査士の試験対策のための講座が開かれており、様々な年代の人々が学んでいることが特徴として挙げられます。
特に、この講座を受講することにより、様々な試験問題のパターンに対応できるようになるため、本番でも慌てずに解答をするにはもってこいとされます。
この講座の受講者のため用意された教科書や過去問集などを利用することで、自分の実力をしっかりと把握することができ、合格に向けて必要なことについて知識を得る際にも適しています。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】東京法経学院:http://www.thg.co.jp/tyosa/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/