「行政書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

lecの簿記講座は、個人の商店から多くの企業の会計に使われている簿記の技術と知識を取得するために日商簿記検定合格を目指す講座です。初心者の方向けに、日商簿記のメリット・級毎の特徴と難易度・検定合格後のステップアップまでを紹介しています。

簿記は独学でも学べるのですが、lecの簿記講座として独自のメリットを紹介しています。それが合格への五大サポートです。
五大サポートとは、合格できなかった場合、次の検定までWeb講義の配信を継続して受講できること、学習方法を24時間いつでも質問や相談ができる、教えてチューターの利用が可能であること、Web動画はパソコンだけでなくスマートフォンにも対応していること、講師が選べる講師フレックスを採用していること、受験する級毎の出題の新傾向に完全対応していること、の五つです。
このようにlecの簿記講座は、合格を目指してきめ細やかな充実したサポートを提供しています。簿記取得後のステップアップとして、公認会計士・税理士・中小企業診断士・ファイナンシャルプランナーといった資格へのサポートも充実しています。

lecの簿記講座の特徴としては、講師フレックスがあります。講師フレックスは、lecの簿記Web講座の3級と1級に設けられています。
講師フレックスは、同じ科目を二人の講師が行う講義ですが、講師によって教え方が異なりますので、相性のあった講師を選択するのも良いし、2人の講義を交互に受講するのも良いという、受講生の希望に合わせた受講方法を提供しています。
例えば、3級の講座では、一人の講師は要点を重点的に行い、講義にメリハリをつけています。
もう一人の講師は、全般的な範囲を時間の許す限り丁寧な講義を行っています。
1級の講座では、商業簿記と会計学、工業簿記と原価計算、の講義となるのですが、商業簿記と会計学ではこの道27年の専任講師が基礎力を徹底的に身に付ける講義を行うに対して、受講生の目線に立った理解しやすく講義を行っています。
工業簿記と原価計算では、計算過程を図解にて丁寧でわかりやすい講義を心がけているに対して、応用力を付けるために基礎力を強化する講義を行っています。
このように同じ講義でも講師による特色を生かしたものにしています。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/boki/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

世の中に簿記の参考書や問題集はたくさんあるので、独学でやろうと思いましたが、合格した知人の紹介で受講したところ、計画性をもって効率よく勉強できたので、3級に合格できました。
考えてみると、独学での学習ではモチベーションの維持も難しく、lecの日商簿記講座を受けて正解でした。2級1級と続けて講座を受けて、ステップアップを目指します。

lecの簿記講座を受講して良かったことは、次の検定までWeb講座で受講できたことです。
1回目の検定試験は病気で受験できなかったのですが、Web講座で次の検定試験に向けて勉強意欲を落とすことなく続けられたことです。
また、Web講座はスマートフォンに対応しているので場所に関係なく学習できたことが合格につながりました。ありがとうございました。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/boki/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/