「行政書士」「土地家屋調査士」「行政書士」など、有力資格の取得が可能な資格学校をご紹介いたします。

大原の簿記講座は、教室通学・映像通学・集中資格取得コース・通信講座といった学習スタイルから選ぶことができます。教室通学は、最寄りの大原の教室に通学して講義を受けるスタイルです。

専任講師の熱のこもった講義が直接伝わる臨場感が味わえ、その場で質問することで疑問点が解消します。
複数の仲間と競い合いながら学習ができ、欠席時には振替出席も適用されます。
映像通学は、大原の教室内にある個別ブースに通学し、視聴する学習方法です。
スケジュールは自分で決めて学習するので、自由度がきき、視聴も繰り返し可能なのでとことん学習できます。
集中資格取得コースは、講義を聴くだけでなく、問題演習の実施、復習、といった一連の学習を学校内で行うために集中して取り組むことができます。
基礎問題から応用問題まで豊富な問題の提供により確実にレベルアップを図ることができます。
通信講座は、一人で学習する受講生にWebやDVDのコンテンツを配信し簿記検定の合格をサポートします。
教室視聴制度により、ライブ講義への出席も可能となっています。

大原の簿記講座の特徴は、3つのポイントでサポートすることを特徴としています。

一つ目は新試験に完全対応しているということです。
日商簿記検定は、2016年6月検定から2018年までの3年間に日商簿記出題区分表の改定されていくのですが、どの時期に受験するかによっては出題範囲が異なるため、その改定時期に合わせた教材やカリキュラムを組み直して対応しています。

二つ目はカリキュラムを効率的に組むことで通信講座の価格を抑えることができたことです。
通信講座は、通学と異なり、通信環境やパソコン環境があればどこでも受講できるというメリットがあるので、一人で学習する受験者はシンプルなカリキュラムを低価格で提供(3級対策15,100円~)しています。

三つ目は、通学講座では、講義とテキストのコンテンツだけでなく、基礎講義教材解説動画やラストスパート練解説動画のHP視聴サービス、基礎講義教材解答用紙ダウンロードサービスなどの新しいサービスも標準で提供しているカリキュラムも組んでいます。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/boki/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/

リストラに遭い、心機一転、大原の簿記講座の集中資格取得コースを受講しました。何とか検定試験に合格し、就職役立てようと毎日必死に頑張った結果、1級にストレートで合格できました。
学習途中は先生にはお世話になり、検定合格後、担任の先生が就職活動を全面的にサポートしていただきました。

仕事をしていながら簿記の検定試験に挑戦しようと思い、通信講座の学校を調べてみましたが、大原の通信講座が一番自分に合っていると思い受講して受験した結果、2級に合格しました。
普段は一人で学習しているのですが、特に、ユニークに感じたのがライブ講義で自分も一緒に出席している感覚になり、画面に映っている仲間に負けないようにと頑張りました。

おすすめの有力資格試験の合格指導学校

【おすすめNo.1】クレアール:https://www.crear-ac.co.jp/boki/

【おすすめNo.2】lec:http://www.lec-jp.com/